ポルシェ 911の気になる維持費 車検 故障は?

ランニングコスト

気になるポルシェのお金についてまとめてみました。
これは、実際に私が支払っているお金です。
維持費はポルシェだから、凄い高い訳ではありません。
故障さえしなけば、国産車の維持費にちょっとだけプラスで維持できます。
これから、ポルシェを検討している方は必見です。



車検代金

ガレージ神宮でオイル交換、ブレーキフルードの交換を行ってもらいました。
総額で18万円になりました。
自賠責、重量税などの税金関係も含まれた金額です。

自賠責保険:25,830
重量税:34,200
印紙代:1,800

↑は車検をする時には必ず必要になるお金です。

もし、安くて抑えたい場合はユーザー車検という手段もあります。
自分で運輸支局に持ち込んで車検を受けれます。
それが、面倒で少しでも費用を抑えたい方は、こちらをオススメします。

 

自動車税

排気量が3800ccで2005年モデルなので、¥77,030になります。
3800ccの基本の自動車税は66,500円ですが、
13年落ちの車なので、15%重加算されてこの金額です。

 

自動車保険

19等級の私で一般的な保険内容で、毎月6400円くらいです。
プラドの様に盗難に合っては、嫌なので、車両保険はしっかり入っています。
過去にプラド2回盗まれていますからねw

燃費

気になる燃費ですが、リッター6kmぐらいです。
街乗りと高速の半々の使用頻度です。
3800ccのエンジンになりますので、それなりに燃費は悪いです。
ハイオクが必須になります。

エンジンオイル

オイルの種類によって価格は変動しますが大体、エレメントの交換も含めて
¥20,000ぐらいになります。
目安として1万キロもしくは1年です。
一般的な外車とあまり変わらないかと思います。

 

タイヤ

ポルシェの推奨するN規格を履く場合、一本6万円前後になります。
4本交換なので、少なく見積もると24万くらいでしょうか?
目安として、街乗りで1万キロといわれています。
911はリアエンジンのため、リアタイヤに負担がかかりやすいのが特徴で、減りが早いです。

 

バッテリー

ポルシェのバッテリーは、持ちが悪いです。
スポーツカーなので、軽さを求めて小さいバッテリーが積んであります。
真冬で気温が低い時は、バッテリー上がりの心配があります。
真冬の時は、必ず週一回エンジンを掛けて、家の周りをドライブしていました。
駐車場に電源が拾える所があれば、こういったバッテリーチャージャーもオススメです。
バッテリーチャージャーを使用すれば、バッテリー上がりも気になりません。

バッテリーチャージャー

 

故障

納車されて1年近く経過しますが、故障はありません。
しっかりとメンテナンスがされていましたので、今の所、大丈夫です。
但し、高年式の車なのでいつかは、故障が出てくると思います。
故障した時は、比較的高いです。

海外から取り寄せないといけないので、部品代は高いです。
目安としては、国産車の1.5から2倍くらいと思っておいた方が良いです。
ディーラーいわく、ポルシェは比較的壊れにくい車らしいです。
それだけ、完成度の高い車なんです。

 

まとめ

エンジンが3800ccと大きいため、自動車税は高いです。
車検代金は交換部品によって前後しますが、大きな交換が無ければそれなりに抑えられます。
比較的壊れにくい車だと思いますので、週末だけの利用など、使用頻度が少なければ維持費もあまり掛らないと思います。
実際に私がそうです。

ポルシェは、運転しても楽しい、所有する事の喜びもあります。
運転してなくても、見ているだけでワクワクするいい車です。
オススメの1台です。



関連記事

  1. ポルシェ911チャイルドシート ポルシェ911にチャイルドシートを装着
  2. 車は自動車ローンで購入すべき 分配金で実質タダで乗る方法
  3. 名古屋高速移動式オービス 名古屋高速で移動式オービスが始まる
  4. ガレージ神宮 春のツーリングに参加 新旧ポルシェ大集合
  5. M2 1002 愛車紹介 M2 1002 ロードスター 内装 写真有り
  6. 知多半島 ツーリング 魚太郎へ
  7. ポルシェ インタミ問題 ポルシェ インタミ問題 対象車種は? 発生確率は?
  8. 海外で需要がある理由 ランドクルーザープラド 海外で人気の理由

ピックアップ記事

  1. free
  2. スーパーカー
  3. アリエクスプレス 独身の日

スポンサーリンク




スポンサーリンク




LINE@友達登録

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. LINE@

スポンサーリンク




PAGE TOP